スピルリナの摂り方・有効成分・鉄分・クロロフィル

スピルリナにはどのような特徴がありますか?

スピルリナには、次のような特徴があります。

 

■抗腫瘍作用、糖尿病・高脂血症の改善作用などが示唆されています。
■食用藻の一種で、タンパク質やアミノ酸の割合が多いです。
■ビタミンAやB群、鉄分、葉緑素も豊富です。

スピルリナとはどのようなサプリメントですか?

スピルリナというのは、食用藻の一種であり、
次のような栄養素が豊富に含まれています。

 

■タンパク質 
■ビタミン類 
■鉄分

 

なお、スピルリナは、比較的安全性が高く、
様々な病態の予防や改善に利用されているのですが、
臨床試験はまだ十分ではありません。

スピルリナの摂り方は?

スピルリナは、
短期間では効果が期待できませんので、
継続して利用するようにします。

 

スポンサーリンク

スピルリナの有効成分は?

スピルリナには、タンパク質、ビタミンA、ビタミンB群、
鉄分などが豊富に含まれており、

 

特に、タンパク質は重量の6〜7割を占めています。

 

これは、100gあたりで比べると、
肉類や大豆といった良質なタンパク質食品よりもはるかに多いものです。

 

しかしながら、スピルリナが主食になるわけではありませんので、
タンパク質が豊富といっても供給源は限られています。

 

なお、タンパク質を構成するアミノ酸のうち、
比較的多いものとしては、次のようなものがあります。

 

■分岐鎖アミノ酸(BCAA)と総称されるバリン・ロイシン・イソロイシン
■リジン
■フェニルアラニン

スピルリナには、タンパク質、ビタミンA、ビタミンB群、鉄分などが豊富に含まれており、特に、タンパク質は重量の6〜7割を占めています。

スピルリナに豊富に含まれている鉄分は、
ヒトの体内にも吸収され利用されることが示されています。

 

また、ビタミンB群も豊富です。

 

ただし、ビタミンB12はヒトでは利用されない
不活性型が主です。

スピルリナのクロロフィルについて

スピルリナは、藻の一種であることから、
葉緑素(クロロフィル)も豊富に含まれています。

 

この葉緑素には抗酸化作用がありますので、
生活習慣病の予防効果も期待できます。

 

スポンサーリンク

スピルリナの研究

基礎研究や動物実験においては、スピルリナ投与により、
次のような作用が示されています。

 

■糖尿病や高脂血症、高血圧の改善 
■抗ガン作用 
■免疫賦活作用
■腎機能の保護作用 
■抗ウイルス作用...など

 

なお、ヒトを対象にした臨床試験での効果については
報告されていません。

スピルリナの減量効果について

スピルリナに含まれるアミノ酸の一種が、
食欲を抑えて減量効果をもたらすという仮設がありますが、

 

臨床試験においては、
減量効果は認められなかったということです。

 

また、高コレステロール血症に対する効果も明らかにはなっていません。

スピルリナの口腔白板(斑)症への効果は?

スピルリナが
口腔白板(斑)症の治療に効果的である
というデータが示されています。

 

ある臨床試験では、
45人の喫煙者に1gのスピルリナを12か月間投与したところ、
45%の人で口腔白斑症が治癒したということです。

 

一方、偽薬群では改善が認められなかったそうです。

 

しかしながら、スピルリナを中止すると、
1年以内に多くの患者で再発が認められたということです。

 

スポンサーリンク